C:ナノ・機能マテリアルコース とは

現実空間とサイバー空間を高度に融合し人々の生活をより良い方向に変化させるデジタルトランスフォーメーション(DX)が進む現在において、Alを駆使したシステム構築だけでなく、基盤となる高機能デバイスの開発なくしてさらなる進展には繋がりません。このような高機能デバイス開発の鍵となる、原子・分子等ナノスケールレベルで高度に設計・制御したナノマテリアルについて学ぶコースです。最先端Siトランジスタの開発は、材料科学のイノベーションが鍵だと言われるように、ナノマテリアルは、量子コンピュータ・パワーデバイス・センサー・環境発電等、今やあらゆる高機能デバイスのベースとなっています。ナノ・機能マテリアルコースでは、材料量子力学、固体物性学、デバイス材料工学等の基礎学問に加え、マテリアルズインフォマティクス等のデータサイエンスを学ぶことで、デバイスに組み込まれるナノマテリアルのもつ物理的・化学的な特徴を引き出し、従来不可能だった機能の実現を目指しています。

電子デバイス 先端計測・AI 環境デバイス 材料・デバイスデザイン

進学選択イベント情報

マテリアル工学科の魅力をお伝えする進学選択イベントを以下の様に開催しますので、ぜひ参加して下さい。

2022年度工学部進学選択ガイダンス

2022年4月28日(木)に工学部進学選択ガイダンスを行いました。本ガイダンスの動画を以下にアップロードしています。ぜひご覧下さい。

マテリアル工学科 2022年度進学選択ガイダンス動画

2022年度工学部進学選択相談会

2022年6月15日(水)に丁友会主催の工学部進学選択相談会が行われます。マテリアル工学科の学生有志も参加しますので是非ご参加下さい。

先輩インタビュー

卒業後の進路

代表的な就職先

【マテリアル・化学関連】
日本製鉄/JFEスチール/神戸製鋼所/UACJ/住友金属鉱山/旭化成/AGC/ 東レ/京セラ/三菱ケミカル/住友化学/住友電気工業/フジクラ/三菱マテリアル/JSR/ブリヂストン/信越化学工業/富士フイルム/花王/アステラス製薬/武田薬品工業/JX金属 etc.
【エネルギー・機械・重工関連】
トヨタ自動車/日産自動車/本田技研工業/スズキ/三菱自動車/SUBARU/三菱重工/川崎重工/IHI /コマツ/豊田自動織機/関西電力/北陸電力/東京ガス/ファナック etc.
【電気・電子関連】
日立製作所/富士通/日本電気/東芝/ソニー/三菱電機/パナソニック/シャープ/キヤノン/ニコン/古河電工/東京エレクトロン/デンソー/NTT/日本IBM etc.
【大学・官庁・研究所関連】
東京大学/東北大学/東京理科大学/物質・材料研究機構/経済産業省/総務省/国土交通省/特許庁/鉄道総合技術研究所/電力中央研究所/ファインセラミックスセンター etc.
【その他】
NTTデータ/ソフトバンク/日本ユニシス/ANA/JR東海/三菱UFJ 銀行/三井住友銀行/三菱商事/住友商事/伊藤忠商事/JAL/三菱総研/野村総研/大和総研/TBS/サイバーエージェント/Google/フリュー etc.

卒業生インタビュー所属は取材当時のものです

駒場講義

モデリングと未来予測

分類:総合科目F
曜限:木曜5限(S1S2)

身の回りの事象やマテリアル工学に関連する物理・化学モデルのシミュレーション演習を通じて、pythonプログラミングや機械学習の基礎を修得してもらいます。

ナノ・機能マテリアル入門

分類:総合科目
曜限:月曜1限(A1A2)

固体中の電子の振る舞いをわかりやすく解説し、どのように我々の身の回りのテクノロジーに結実しているのかを見ていく講義です。

超高分解能電子顕微鏡で観る
物質中の原子のならび

分類:全学体験ゼミナール
曜限:集中講義(S1S2)

原子ってどんな姿をしていると思いますか? 世界最高性能の電子顕微鏡を用いて物質中の原子像の観察に挑戦します。

ナノ・バイオテクノロジー
:最先端ラボへようこそ 

分類:全学体験ゼミナール
分類:集中講義(A1A2)

最先端の科学技術では、ナノスケールでの物質の構造や特性の制御が欠かせません。これをどうやって実現しているのか、研究室に足を運んで体験してみませんか?

講義情報ピックアップ

マテリアルズインフォマティクス

AIや機械学習に知られるデータサイエンス手法の習得は、これからの時代の工学の実験と理論の両面において必要とされる実践的な課題のひとつです。Pythonの文法を初歩から学ぶとともに、回帰分析やクラスタリング、ニューラルネットワークなどの典型的な基礎問題を通じ、マテリアル工学におけるデータサイエンス・インフォマティクス手法の活用法について理解することを目指します。

固体物性学

物質の示す巨視的な性質(物性)がマテリアルの機能の源泉です。本講義は、固体の物理的性質を扱う固体物理学の入門に相当します。量子力学と統計力学をツールとして用いながら、3次元周期構造を有する結晶の物性の主役となる電子と格子(フォノン)の振る舞いを理解し、結晶の熱的性質と電気的性質について学びます。

デバイス材料工学

複数の材料を組み合わせたデバイスは個々の材料にはない新たな機能を発現します。AI専用ハードウェア、量子コンピュータの実現には新材料を用いたデバイスが不可欠です。本講義では、半導体デバイスの動作原理を理解し、各材料の果たす役割と意義を学びます。特に、トランジスタなどの電子デバイス、発光ダイオード・太陽電池などの光デバイスと、それぞれの材料となる半導体を重点的に取り扱います。

薄膜プロセス工学

マテリアルの持つ機能を最大限に発揮させるには物性だけでなく作製プロセスも理解する必要があります。本講義では、半導体デバイスや機能性コーティングなど様々な場面で使用される薄膜について、目的に合わせて開発された多様な薄膜作製プロセスの原理・適用例から制御・評価手法までを体系的に学びます。

研究室情報

卒論研究を行うための研究室配属では、進学選択時のコースに限定されず、マテリアル工学科の全ての研究室を選択できます。

幾原研究室
結晶界面工学

結晶界面の原子・電子設計工学

内田研究室
ナノ電子材料工学

ナノ材料でIoT社会の実現に貢献

喜多研究室
機能性ナノ薄膜工学

省エネを支える電子デバイス技術

近藤研究室
フォトニクス材料学

未来を拓くフォトニクス材料

柴田研究室
電子顕微鏡材料学

先進電子顕微鏡が拓く材料科学

澁田研究室
マテリアルモデリング

スパコンを活用した材料設計

霜垣・百瀬研究室
デバイスプロセス工学

未来を切り開く薄膜堆積技術

>MOVIE

寺嶋・伊藤研究室
先端プロセス物性学

非平衡プラズマナノ材料科学

>MOVIE

長汐研究室
ナノカーボンデバイス工学

ナノカーボンで次世代デバイスを!

>MOVIE

渡邉研究室
計算材料学

計算科学が拓くナノ材料の物理