学科概要

未来はマテリアルが拓く

現学科の歴史は明治の初めに遡ります。1873年、文部省により創立された開成学校、および、1871年に工部省により開 設された工学校、この二つの源を持っています。

1877年に工学校は工部大学校となりましたが、1885年までは、文部省の東京大学と二本立ての教育が行われました。工部大学校はイギリス系の教官により、東京大学はドイツ系の教官によって教育されました。工部大学校では、ジョン・ミルン氏(John Milne)とエドムンド・ナウマン氏(Edmund Naumann)が教鞭をとり、東京大学では、クルト・ネットー氏(Curt Netto)が採鉱学・冶金学の教師でした。1886年帝国大学発足後、採鉱および冶金学科は改編、拡張を重ね、1947年には鉱山学科から分離し、冶金学科としての運営が始まりました。

1964年、戦後の我が国工業の急速な発展に対処するため、また、金属工業の学問分野の拡大に伴い、冶金学科の拡充改組が行われ、1967年にはすでに定員80名の大教室になっています。

1972年には、冶金学科から金属工学科へと変わり、製造と利用に関する教育に重点をおく金属材料製造コースと新しい機能材料の開発を目指す開発物性コースの二つを設置し、1976年には金属工学科と金属材料学科に分かれました。その後、現マテリアル工学科への布石として、1986年にセラミック材料、1988年にはガラス材料へと対象の拡張が始まり、1990年に金属材料学科は材料学科へと名称が変更されました。

1999年に、両学科は有機材料・半導体材料を含む材料全般を対象としたマテリアル工学科に統合されました。2004年からはバイオマテリアル、環境・基盤マテリアル、ナノ・機能マテリアルの3コース制とし、幅広い領域をカバーし、現在に至っています。

※ 2014 年度まではナノマテリアル。

図書室には学科創設時からの論文が今も大切に保管されています。

ロゴデザインについて

技術社会発展の基軸と成る構造物やデバイスの進化には、それを構成するマテリアルの進化が極めて重要な役割を果たします。

その進化のために、物質の構造や性質をナノからマクロに至る様々なレベルで探求解明し未知なる機能あるいは新しい機能を持つマテリアルを創製する"DESIGN OF MATERIALS"

新たなマテリアルを生み出す革新プロセスや環境に配慮したマテリアル生産プロセスを開発する"DESIGN FOR MATERIALS"

さらには、様々なマテリアルが構造物やデバイスとして機能するまでを考え、マテリアルの大きな循環をも視野に入れた技術をトータルに設計する"DESIGN WITH MATERIALS"

学科のロゴマークはこのコンセプトを具現化したもので、バイオマテリアル、基盤マテリアル、ナノマテリアルを表すトライアングルの中心に"DESIGN OF-FOR-WITH MATERIALS"を据え、学科の透明性と様々な科学技術分野とのつながりを表すためコーナーはオープンにしてあります。これらによって、「マテリアル工学科」は、工学のあらゆる分野のみならず、医学や薬学、理学や経済学とも連携した学術ネットワークを形成し、そのハブあるいは " 結び目 " となるという理念を表しています。