ONE DAY of a Materials student

マテリアル工学科学生に密着取材!バイオ、エコ、ナノ3コースの先輩たちのリアルな学生生活とは?

可能性を狭めることなく本当に自分のやりたいことを探せる学科

エコマテリアルコース 梅原佳那さんの一日

START!

1.通学

通学中はエネルギー充電!

睡眠が大好きな梅原さん。 「いつもぎりぎりまで寝ています。二度寝してしまうこともあります。」 通学時には電車で音楽を聴いたり、携帯でネットをしたり。ときにはたったまま寝ていることも?ここで今日一日のパワーを充電だ。

2.授業

教科書にはない、実社会でのマテリアルフローを学ぶ

「環境・基盤マテリアル工学」の講義では、材料のライフサイクルの視点から、製品、社会、環境への影響を検討しマテリアル工学が果たす役割を学ぶ。 教科書にない、実際の社会でのマテリアルフローを学ぶことができ、勉強になることは多いという。

3.卒論研究

貴金属・レアメタルの回収システムの開発

梅原さんの研究テーマは、携帯電話などの使用済み電子機器に含まれる貴金属・レアメタルの回収システム開発。溶解・析出実験や電気化学測定などを通じて、循環システムの検討を行っている。「卒論提出の時期は夜遅くまで実験することもあります。でも、結果が出たときはやっぱりうれしいですね。」

4.サークル

たまには運動!友達にも会ってリフレッシュ

クラスの友達につられて入ったというバドミントンサークル。本郷に来てからはあまり練習に参加できていないそうだが、本郷の御殿下体育館でも練習があるためそちらに参加しているとのこと。「サークルの友達とも久々に会えるのがうれしいです。」

5.カフェで勉強

試験勉強は早目がオススメ!

試験勉強は友達と協力し合いながら。煮詰まると、場所を変えてカフェなどで勉強することも。 気分転換になり、気持ちもリセットできる。「試験勉強は早目の着手がおすすめです!」

Message

他のコースの分野の勉強ができ、幅広く知識をつけることができるというのが魅力

マテリアル工学科では、自分のコースだけでなく他のコースの分野の勉強ができ、幅広い知識を身につけることができるというのが魅力だと思います。実験や輪講、泊まりがけでの工場見学などを通じて友人もできます。全く違う分野の研究をしている友人も多く、いい刺激をうけることも・・。やりたいことが明確に決まっていない人や、多くの分野に関して興味を持っている学生にとっては、可能性を狭めることなく本当に自分のやりたいことを探せる学科だと思います。

梅原さんの時間割

  一限 二限 三限 四限 五限
マテリアル物理及び演習 マテリアル化学及び演習 卒論研究 卒論研究 卒論研究
卒論研究 卒論研究 卒論研究 卒論研究 卒論研究
卒論研究 環境・基盤マテリアル工学 ゼミ 卒論研究 卒論研究
卒論研究 マテリアル物理化学及び演習 卒論研究 卒論研究 卒論研究
卒論研究 研究室ミーティング マテリアル力学及び演習 卒論研究 卒論研究

(2013年夏学期)

 

セリフ

梅原さん
ページトップ