教員紹介

竹原 宏明講師

所在地
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 工学部4号館427室
TEL
03-5841-7781
FAX
03-5841-7781
MAIL
takehara[at]bionano.t.u-tokyo.ac.jp
メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。
研究室
http://bionano.t.u-tokyo.ac.jp/
研究分野
医療機器材料、医用材料プロセス、体内医療デバイス、低侵襲エレクトロニクス

主要研究内容

マテリアル工学をベースに体内で機能する医療デバイス技術に関する研究に取り組んでいます。体内医療機器で求められる優れた安全性と機能性を両立させるデバイス材料・プロセス技術の探求を通じ、新たな体内医療デバイスを創製することを目指しています。主な研究テーマは以下の通りです。
(1) 医用デバイス材料・プロセス基盤技術の構築及びデバイス応用
(2) 先制・予防医療に向けた低侵襲医療機器の開発
(3) 次世代医療機器としての体内エレクトロニクス技術基盤の創製

主要研究論文

H. Takehara, Y. Hadano, Y. Kanda, and T. Ichiki: “Effect of the
thermal history on the crystallinity of poly (L-lactic acid) during
the micromolding process”, Micromachines, 11, 452 (2020).
H. Takehara, Y. Katsuragi, Y. Ohta, M. Motoyama, H. Takehara, T. Noda,
K. Sasagawa, T. Tokuda, and J. Ohta: “Implantable micro-optical
semiconductor devices for optical theranostics in deep tissue”, Appl.
Phys. Express, 9, 047001 (2016).
H. Takehara, A. Nagaoka, J. Noguchi, T. Akagi, H. Kasai and T. Ichiki:
“Lab-on-a-brain: Implantable micro-optical fluidic devices for neural
cell analysis in vivo”, Scientific Reports, 4, 6721 (2014).