教員紹介

榎 学教授

所在地
113-8656東京都文京区本郷 7-3-1 工学部 4号館 335号室
TEL
03-5841-7126
FAX
03-5841-7181
MAIL
enoki[at]rme.mm.t.u-tokyo.ac.jp
メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。
研究室
http://rme.mm.t.u-tokyo.ac.jp/
研究分野
信頼性、性能予測、微視破壊・変形、非破壊評価、構造ヘルスモニタリング

主要研究内容

先端構造材料およびデバイスの健全性を確保するために力学信頼性に関して研究を進めている。物理モデルとデータ駆動型アプローチによる材料性能の予測に取り組んでいる。構造ヘルスモニタリングおよび非破壊評価手法に関して研究を進めており、特にアコースティック・エミッション(AE)を用いた材料の製造プロセスのモニタリングおよび微視破壊・変形過程の評価を行っている。
1) 結晶塑性解析および機械学習による材料性能予測
2)材料の製造プロセスモニタリングのためのAE手法の開発
3)AEを用いた材料の微視破壊および微視変形の評価
4)構造ヘルスモニタリングのためのセンサネットワークの構築
5)バイオデバイスの力学性信頼性評価

主要研究論文

主要研究論文

“F. Briffod, A. Bleuset, T. Shiraiwa, M. Enoki, Effect of crystallographic orientation and geometrical compatibility on fatigue crack initiation and propagation in rolled Ti-6Al-4V alloy, Acta Materialia 177 (2019) 56-67.
K.G. Wu, K. Ito, I. Shinozaki, P. Chivavibul, M. Enoki, A Comparative Study of Localized Corrosion and Stress Corrosion Cracking of 13Cr Martensitic Stainless Steel Using Acoustic Emission and X-ray Computed Tomography, Materials 12(16) (2019).
K. Shibanuma, K. Ueda, H. Ito, Y. Nemoto, M. Kinefuchi, K. Suzuki, M. Enoki, Model for predicting fatigue life and limit of steels based on micromechanics of small crack growth, Materials & Design 139 (2018) 269-282.”

研究内容