ナノ・機能マテリアルコース

窒化物半導体やグラフェン、カーボンナノチューブのように、新たな機能を有するマテリアルの開発は生活を大きく変えるインパクトをもたらします。現在では、原子・分子レベルで物質の構造を制御するナノテクノロジーを活用して、これまでにない革新的な機能を持つマテリアルを創製できるようになりつつあります。本コースは、広い視野でナノ・機能マテリアルの研究開発をリードし、豊かな社会を実現することを目指しています。

先端研究

今、新時代を拓くイノベーションはナノテクノロジーの世界から。

地球温暖化、資源リスク、エネルギー問題など、人類が抱える課題とグローバルな視点で向き合い、より安全で快適な、そして環境に優しい社会への構築が始まっています。

  • スパコンやAIを活用した材料設計・開発

    近年の計算機環境の向上によりシミュレーションで取り扱える時空間スケールやデータ量が飛躍的に広がっている。澁田准教授は,スパコンを活用した大規模数値計算とAIや機械学習などで知られるデータサイエンスを融合し,コンピュータの中で生まれた原子構造や材料物性に基づく材料設計・開発の新しい可能性を探っている。

  • 電子デバイスを変えるナノカーボン材料革命

    2000年代に入ってグラフェンと呼ばれるカーボン系新素材が発見され、数年のうちに電子・光学特性、さらには機械的特性に至るまで既存の材料を凌駕する特性が明らかになった。今、長汐准教授は、グラフェンの電子の移動速度が非常に高い特性を活かした超高速トランジスタへの展開を進めており、デバイスの未来を劇的に変えようとしている。

  • 次世代社会のEVシフトを担うリチウムイオン電池

    近年では,リチウムイオン電池は携帯端末から大型移動体にも導入され,将来のスマート社会の発電蓄電システムには不可欠な中核技術に位置づけられている。神原准教授は特異なプラズマ反応場を利用したナノ構造体の形成技術を応用して,次世代電池材料及びプロセス技術の開発を進めている。

  • 太陽光発電に革命をもたらす新材料―ペロブスカイト型半導体

    再生可能エネルギーの代表格、太陽光発電。ハロゲン化金属ペロブスカイト型半導体が薄膜太陽電池技術に新たなブレークスルーをもたらそうとしている。近藤教授は、基礎からこの革新的マテリアルの研究を立ち上げた第一人者。薄膜太陽電池の爆発的発展を目指して研究を進めている。