バイオマテリアル作り体験 (集中講義) 

体験ゼミ

人工臓器に代表される医療機器の材料をバイオマテリアルと呼ぶ。バイオマテリアルの中には、骨など代替するセラミックス、金属材料、さらには血管などに使われる高分子材料がある。本講義では、高分子で機能性バイオマテリアルである高分子ハイドロゲルをつくる体験、生体信号を検出するセンサーを作る体験、生体と材料が接した際に起こる反応を人工関節モデルとしてつくる体験、などを行う(内容は年によって若干変わります)。

履修希望者は、4/6(木)6限に開催されるマテリアル工学科合同ガイダンスに必ず出席してください。詳細を説明します。

CATEGORY