受賞

  • 2017年07月14日 宮田先生が日本核酸医薬学会奨励賞を受賞しました.おめでとうございます!

    宮田先生が日本核酸医薬学会奨励賞を受賞しました.おめでとうございます!

  • 2017年04月20日 石原一彦教授 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞開発部門を受賞 

    石原一彦教授が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞開発部門を受賞しました.本部門は,我が国の社会経済,国民生活の発展向上等に寄与し,実際に利活用されている(今後利活用が期待されるものを含む)画期的な研究開発若しくは発明を行った者を対象とする賞です.表彰課題は「生体親和性高分子の創出と生涯型人工関節の開発」で,4月19日に文部科学省において表彰式が行われました.おめでとうございます.

  • 2017年03月31日 第64回応用物理学会春季学術講演会において鳥海研の矢嶋先生がPoster Awardを受賞しました.おめでとうございます.

    第64回応用物理学会春季学術講演会(2017年3月14~17日)@パシフィコ横浜において鳥海研の矢嶋先生がPoster Awardを受賞しました.おめでとうございます.
     
    [15p-P15-14]
    タイトル:ジュール熱の蓄積効果で発火する相転移ニューロン素子の作製
    著者:矢嶋 赳彬、西村 知紀、鳥海 明

  • 2017年03月17日 森田先生,澁田先生,溝口先生,松浦先生が金属学会・鉄鋼協会にて受賞しました.おめでとうございます!

    森田先生,澁田先生,溝口先生,松浦先生が金属学会・鉄鋼協会にて受賞しました.おめでとうございます!

    詳細は以下の通りです.

    〇日本金属学会

    ・溝口照康准教授:日本金属学会第75回功績賞「組織部門」

    「原子レベル計測,第一原理計算および情報科学手法を用いた物質のナノ構造解析」

    ・澁田靖准教授:日本金属学会第75回功績賞「材料プロセシング部門」

    「組織形成・凝固に係る分子動力学研究の確立」

    -------

    〇日本鉄鋼協会

    ・森田一樹教授:日本鉄鋼協会学術功績賞

    「鉄鋼製精錬に関する物理化学研究」

    ・澁田靖准教授:日本鉄鋼協会学術記念賞(西山記念賞)

    「凝固組織の大規模分子動力学解析」

    ・松浦宏行准教授:日本鉄鋼協会学術記念賞(西山記念賞)

    「環境調和型高度精錬プロセス研究」

     

  • 2017年03月 8日 南谷先生が日本物理学会若手奨励賞を受賞しました.おめでとうございます!

    南谷先生が日本物理学会若手奨励賞を受賞しました.おめでとうございます!

    詳細は以下の通りです.

    http://www.jps.or.jp/activities/awards/jusyosya/wakate2017.php

  • 2017年02月 3日 吉田・秋元研で沢山の受賞がありました.おめでとうございます!

    吉田・秋元研で沢山の受賞がありました.おめでとうございます! 
    2016年10月 ネットワークポリマー講演討論会 小野田実真 (D1) ベストプレゼンテーション賞
    2016年12月 日本MRS年次大会 増田造 (D3) 奨励賞
    2017年1月 インテリジェント材料・システムシンポジウム 秋元文 (講師) 高木賞
    2017年1月 インテリジェント材料・システムシンポジウム 小野田実真 (D1) 奨励賞
    2017年1月 高分子ゲル研究討論会 玉手亮多 (博士研究員) RSC Soft Matter Presentation Prize
    2017年1月 高分子ゲル研究討論会 本間健太 (D1)  RSC Soft Matter Poster Prize

  • 2016年12月10日 鳥海明教授が,International Electron devices meetingにおいて,2016IEEE Cledo Brunetti Awardを授与されました.おめでとうございます.

    鳥海明教授が、International Electron devices meetingにおいて,2016IEEE Cledo Brunetti Awardを授与されました。おめでとうございます.

    ・授与年月日:2016年12月5日
    ・関連URL:https://www.ieee.org/about/awards/tfas/brunetti.html

  • 2016年11月 4日 幾原雄一教授が平成28年度秋の表彰に於いて紫綬褒章を受賞されました.おめでとうございます!

    幾原雄一教授が平成28年度秋の表彰に於いて紫綬褒章を受賞されました.紫綬褒章は科学技術分野における発明・発見や,学術及びスポーツ・芸術文化分野における優れた業績を挙げた方に授与されるものです.おめでとうございます.

  • 2016年09月23日 日本金属学会秋季講演大会(2016.9.22) にてマテリアルから3件の第27回優秀ポスター賞の受賞がありました.おめでとうございます!

    日本金属学会秋季講演大会(2016.9.22) にてマテリアルから以下の3件の第27回優秀ポスター賞の受賞がありました.おめでとうございます.

    ・佐藤悠志(井上研)「粒子フィルタを用いた結晶塑性モデル物性パラメータの推定」

    ・堀旭伸(井上研)「フェーズフィールドモデルによるアルミニウム合金の再結晶集合組織の予測」

    ・福原智(澁田研)「カーボンナノチューブ生成触媒としてのNi-C微粒子機能評価 -第一原理分子動力学の視点から-」

    ・土方亮二郎(榎・伊藤研)「結晶塑性有限要素法によるステントの疲労解析」

    金属学会web:
    http://jim.or.jp/MEETINGS/2016_atmn/news/poster_award.php

  • 2016年09月23日 日本鉄鋼協会第172回秋季講演大会にてマテリアルから3件の学生ポスターセッション努力賞の受賞がありました.おめでとうございます!

    日本鉄鋼協会第172回秋季講演大会にてマテリアルから以下の3件の学生ポスターセッション努力賞の受賞がありました.おめでとうございます.

    ・西川元希(小関・南部研)「高Cr耐熱鋼のクリープ変形中の析出物変化予測」

    ・大喜多慎(澁田研)「超大規模分子動力学法シミュレーションによる粒成長過程解析」

    ・吾妻優美(後藤・醍醐研)「金属材料の耐腐食性機能の定量評価手法の構築」

    写真はFBへ!

  • 2016年09月20日 秋季応用物理学会にてマテリアルから4件の講演奨励賞の受賞がありました.おめでとうございます!

    秋季応用物理学会(新潟)にてマテリアルから以下の4件の講演奨励賞の受賞がありました.おめでとうございます.

    平成28年9月13日 第40回 応用物理学会「講演奨励賞」

    深田 航平(神原研)
    プラズマスプレーPVDによるLiイオン二次電池用Si-Ni複合ナノ負極の特性向上

    徐 倫(鳥海研)
    New finding of ferroelectricity of N doped HfO2 films

    平井 悠久(喜多研)
    4H-SiC MOSFET移動度に対する熱酸化による基板特性劣化とダメージ層除去効果の競合

    服部 吉晃(長汐研)
    単結晶六方晶ボロンナイトライドの絶縁破壊強度の異方性

  • 2016年05月19日 幾原雄一教授が,中国華東師範大学栄誉教授の称号(The Title of Honorary Professor)を授与されました.

    2016年4月6日に幾原雄一教授が、中国華東師範大学栄誉教授の称号(The Title of Honorary Professor)を授与されました.

    FBに受賞時の写真を掲載しましたので,是非ご覧ください.おめでとうございます.

    ・関連URL http://english.ecnu.edu.cn/1d/fb/c1703a73211/page.htm

  • 2016年05月19日 柴田直哉准教授が工学研究科長表彰を授与されました.

    平成28年3月3日に田直哉准教授が工学研究科長表彰を授与されました.FBに写真を掲載しましたので,ご覧ください.おめでとうございます.

  • 2016年03月30日 後藤醍醐研究室 藤村怜央君と澁田研究室の大喜多慎君が日本鉄鋼協会 学生ポスターセッションにて優秀賞を受賞!

    後藤醍醐研究室の藤村怜央君(M1)と澁田研究室の大喜多慎君(B4)が日本鉄鋼協会第171回春期講演大会・学生ポスターセッションにて優秀賞を受賞しました.おめでとうございます!

  • 2016年03月30日 神原淳先生が日本金属学会第74回日本金属学会功績賞を受賞されました.

    本専攻,神原淳先生が日本金属学会第74回日本金属学会功績賞(材料プロセッシング部門)を受賞されました.受賞対象となった研究業績は急速凝縮に基づくナノ組織制御プラズマスプレー技術開発」です.おめでとうございます.
     

  • 2016年03月30日 伊藤海太先生,小島真由美先生,杉田洋一氏が日本鉄鋼協会で受賞!

    本専攻,伊藤海太先生,小島真由美先生日本鉄鋼協会研究奨励賞を受賞されました.また,技術職員杉田洋一氏が鉄鋼技能功績賞を受賞しました.おめでとうございます.
    〇研究奨励賞
    伊藤海太先生 「接合モニタリング手法の開発」
    小島真由美先生 「高強度高延性複層鋼板の階層的内部応力解析」
    〇鉄鋼技能功績賞
    杉田洋一氏 「新材料創製のための実験装置開発と基盤技術教育」
     

  • 2016年03月24日 技術職員杉田洋一氏が第47回日本金属学会研究技術功労賞を受賞されました

    本専攻,技術職員杉田洋一氏が第47回日本金属学会研究技術功労賞を受賞されました.おめでとうございます!

  • 2016年03月24日 香川豊先生が日本金属学会増本量賞を受賞されました

    本専攻,香川 豊先生が平成28年3月23日に第22回,日本金属学会増本量賞を受賞されました.おめでとうございます.受賞の写真はFBにありますのでご覧ください.

  • 2016年03月 9日 吉田研究室の小野田実真君(M2)が工学系研究科長賞にて修士最優秀に選出

    吉田研究室の小野田実真君(M2)が工学系研究科長賞にて修士最優秀に選出されました.おめでとうございます!

  • 2016年03月 9日 吉田研究室の小野田実真君(M2)が学生表彰「東京大学総長賞」を受賞

    吉田研究室の小野田実真君(M2)が学生表彰「東京大学総長賞」を受賞しました.おめでとうございます.

  • 2015年10月12日 柴田直哉准教授が、第5回永瀬賞最優秀賞を受賞されました。

    平成27年9月25日、本学工学系研究科の柴田直哉准教授が、第5回フロンティアサロン永瀬賞最優秀賞受賞を受賞しました。柴田准教授の受賞題目は「最先端電子顕微鏡の世界 −原子の直接観察、そしてその先へ−」であり、世界トップレベルの電子顕微鏡研究が受賞対象となりました。詳細 http://www.t.u-tokyo.ac.jp/epage/topics/2015/20151006002.html

  • 2015年06月14日 澁田靖准教授・吉川健准教授 第36回本多記念研究奨励賞を受賞

    澁田靖准教授と吉川健准教授が第36回本多記念研究奨励賞を受賞しました.本賞はわが国の若い研究者で,理工学特に金属及びその周辺材料に関する研究を行い,優れた研究成果または発明を行ったものに対して贈られるもので,澁田准教授は「凝固組織形成に関する固液界面特性の分子動力学法解析」が,吉川准教授は「合金溶媒を利用したシリコンとSiC 単結晶の製造プロセスに関する物理化学的研究」が評価されての受賞となります.5月29日(金)に学士会館(東京都千代田区神田錦町)にて,贈呈式並びに記念講演が開催されました.公益財団法人 本多記念会 http://hondakinenkai.or.jp/

  • 2015年06月14日 春の受賞に関するお知らせ

    春の学会における受賞が出そろいました!
    おめでとうございます.

    岡部徹 平成27年度日本希土類学会技術賞(藤森賞)2015.5
    澁田靖 第36回本多記念研究奨励賞2015.5
    幾原雄一 日本金属学会第54回谷川・ハリス賞2015.3
    柴田直哉 第73回日本金属学会功績賞(日本金属学会)2015.3
    藤平哲也 第40回セラミックス協会学術写真賞 最優秀賞2015.3
    石川亮 第40回セラミックス協会学術写真賞 優秀賞2015.3
    栃木栄太 第24回日本金属学会奨励賞「組織部門」2015.3
    小関敏彦 日本鉄鋼協会学術功績賞2015.3
    榊原教貴  第23回日本金属学会・日本鉄鋼協会学術奨学賞2015.3
    姜正信,岡部徹 第40回資源・素材学会論文賞2015.3
    松浦宏行 第40回資源・素材学会奨励賞2015.3
    武藤有輝,松元光輔,白岩隆行,榎学 日本金属学会若手講演論文賞2015.3
    増田鉱土,戸部裕史,佐藤英一,杉野義都,鵜飼重治 第65回日本金属学会 金属組織写真賞奨励賞2015.3
    神原淳 第13回プラズマエレクトロニクス賞2015.3
    井上純哉 日本鉄鋼協会西山記念賞2015.3
    徳本有紀 第9回日本物理学会若手奨励費2015.3

    T. Masuda, K. Homma ,A. Mizutani Akimoto, K.Nagase, T. Okano, R. Yoshida, Excellent Poster Presentation Award @MANA International Symposium 2015, 3

     

  • 2015年05月13日 片岡一則教授 2015年度グーテンベルグ賞を受賞

    片岡一則教授が2015年度グーテンベルグ賞を受賞しました。片岡教授の受賞対象となった研究業績は「薬物・遺伝子を患部に送達する高分子ミセルの創製」です。
    http://www.uni-mainz.de/presse/18265_ENG_HTML.php

  • 2014年10月14日 姜正信君(岡部研OB)が日本金属学会第62回論文賞を受賞し、このほど贈呈式が行われました。

    姜正信君(岡部研OB、受賞時博士課程3年、現職 韓国地質資源研究院  Senior Researcher)が日本金属学会第62回論文賞を受賞し、このほど第155回日本金属学会秋期講演大会会期中に贈呈式が行われました(平成26年9月24日)。日本金属学会論文賞は、前年1ヵ年の会誌、欧文誌に掲載された論文の中から、特に優秀な論文に対して授与されるものです。

     姜君らは「Removal of Iron from Titanium Ore through Selective Chlorination Using Magnesium Chloride」と題する論文を発表し、チタン鉱石から鉄のみを塩化して揮発除去する「選択塩化法」という斬新な手法を考案すると共に、実験によってその有用性を証明しました。

     

    20140926_ronbunsho62.jpg

  • 2014年10月 2日 加賀真城君(神原研OB)が第36回応用物理学会春季学術講演会で講演奨励賞を受賞し、このほど贈呈式が行われました。

     加賀真城君(神原研OB、受賞時修士2年)が第36回応用物理学会春季学術講演会で講演奨励賞を受賞し、このほど秋季学術講演会会期中に贈呈式が行われました(平成26年9月17日)。応用物理学会講演奨励賞は、春季及び秋季学術講演会において、応用物理学の視点から極めて価値のある一般講演論文を発表した若手会員に授与し、これを称えることを目的としています。
     加賀君らは、プラズマエレクトロニクス部門にて、「次世代Liイオン電池用PS-PVD Si系ナノ複合負極材料特性のCu添加による変化」と題する講演を行い、プラズマスプレー法によるSi-Cu系複合ナノ粒子の形成過程を明らかにすると共に、当該材料による電池特性向上の効果を実証しました。
    H24_Kaga3.JPG

  • 2014年08月 4日 杉山一生君(幾原・柴田研 D3)が、第28回独創性を拓く先端技術大賞において、ニッポン放送賞を受賞しました。

     杉山一生君(幾原・柴田研 D3)が、第28回独創性を拓く先端技術大賞の優秀賞に相当する、ニッポン放送賞を受賞しました。先端技術大賞は、理工系学生の独創性と創造性を育み、研究への意欲を高めることを目的に1986年に創設された表彰制度です。
     7月31日に高円宮妃久子様ご臨席のもと、東京・元赤坂の明治記念館で授賞式が開かれ、科学界を代表する研究者など約200人の出席者の前で、賞状を授与されました。
    研究内容の詳細はこちら(東京大学工学系研究科 website)
    sentangijutu2.JPG
    sentangijutu1.JPG

  • 2014年04月 8日 中村光弘技術職員に、日本金属学会研究技術功労賞が授与されました(平成26年3月21日)。

     中村光弘技術職員に、第45回日本金属学会研究技術功労賞が授与されました(平成26年3月21日)。
     中村氏は、昭和47年東京大学工学部に任官以来、マテリアル工学専攻・機器室にて技術専門員としてTEM、SEM、EDS、EBSD、EPMA、ESCAなどの物理分析機器の管理と計測にかかわる高分子から無機材料、金属材料までの多様な試料の作製技術および分析技術の研鑽に励み、多種多様な分析試料に応じた試料準備方法を整理して定量分析精度の向上に努めてこられました。そして、その優れた技術を積極的に利用者に指導し、教育、研究に多大な貢献をなさいました。
     本賞は、これまでの中村氏の技術の研鑽と、研究・教育への貢献に対して授与されたものです。

  • 2013年11月15日 柴田直哉准教授に、サー・マーティン・ウッド賞が授与されました(平成25年11月13日)。

     柴田直哉准教授(総合研究機構)に、第15回サー・マーティン・ウッド賞 (※) が授与されました(平成25年11月13日)。受賞題目は「先端的走査透過電子顕微鏡の開発と物質科学研究への展開」であり、その卓越した電子顕微鏡・材料学研究が受賞対象となりました。

     本賞は、英国のオックスフォード・インストゥルメンツ社より寄せられた寄附金を基に1999年に創設され、毎年、日本の研究機関において凝縮系科学(固体物理学、無機・有機固体化学、材料科学、表面物理など)において優れた業績を挙げた40歳以下の若手研究者1名に贈られます。

     受賞者には、賞状、賞金、記念品のほか、オックスフォード大学を始めとする英国内各地の主要大学への講演旅行の機会が与えられます。この講演は、例年、英国内各大学での注目度も高く、たいへんな好評を博しており、日英の科学技術交流の一助となることが期待されています。

     本学では、平成25年12月4日16:30~18:00に小柴ホールにて受賞講演が行われます。本講演に関するお問い合わせはミレニアムサイエンス・フォーラム事務局まで御連絡下さい。msf@oxinst.com

    ※Sir Martin Woodは、本賞のサポーターであるオックスフォード・インストゥルメンツ社の創業者です。

  • 2013年09月24日 渥美翔太郎君(神原研 M1)が、第65回マテリアルズテーラリング研究会で発表優秀賞1位を受賞しました(平成25年8月3日)

     渥美翔太郎君(神原研 M1)が、第65回マテリアルズテーラリング研究会で発表優秀賞1位を受賞しました(平成25年8月3日)。マテリアルズテーラリング研究会は、プラズマ や電解プロセスなど、電子イオンやラジカルが関与する非平衡プロセシングによる新材料創製(マテリアルズテーラーリング)の応用面および基礎学問の体系化 について検討することを目的として設立された研究会です。本研究会の発表優秀賞は、ポスター発表を行った学生及び若手研究者の中から、優れた研究発表を表 彰するものです。

  • 2013年09月23日 小栗知也君(山口・澁田研 M2)が、国際会議NT13(平成25年6月24日-6月28日)においてPoster Awardを受賞しました。

    小栗知也君(山口・澁田研 M2)が、フィンランド・アアルト(Aalto)大学で開催された国際会議NT13(The Fourteenth International Conference on the Science and Application of Nanotubes、平成25年6月24日-6月28日)においてPoster Awardを受賞しました。

    →詳細はこちら (東京大学工学系研究科 website)

一覧