卒業生インタビュー

創造への挑戦 Creation for Creation

最先端産業の中枢で活躍する本科卒業生たち。彼らはマテリアル工学科で培った叡智を活かし、それぞれので分野で新しい社会の創造に取り組んでいます。今、その熱い想いを語ってもらいました。

バイオマテリアルコース 卒業生インタビュー

まだない薬を求める患者さんに薬を届けたい。

― ご自身の仕事内容についてわかりやすく教えてください。

経口投与製剤の新薬開発に携わっています。薬が世の中に出るためには臨床試験(治験)を実施し、その薬の安全性や有効性を確認する必要があります。私はその臨床試験に使用する薬(治験薬)の開発を担当しています。薬の有効成分の物性や対象とする適応症などを考慮して適切な剤形(錠剤、カプセル剤、散剤など)およびその処方と製造方法を選択し開発していきます。この段階で開発されたものが最終的には世の中に出る製品につながります。そのため、患者さんが服薬しやすい製剤になっているか、将来長い期間に渡り安定的に生産・供給のできるような処方・製法になっているかを考えながら仕事に取り組んでいます。
責任の重い仕事ですが、まだない薬を求めている患者さんに薬を届けることを夢見て、日々やりがいを感じながら取り組んでいます。

― 学生へのメッセージをお願いします。

製剤の開発には化学、生物学、物理学など様々な分野の知識が必要とされます。マテリアル工学科では材料という分野をベースに無機化学から有機化学、バイオマテリアルのことから電子デバイスのことまで幅広い知識を身につけることができました。このような経験から、入社後も異分野を融合させて考えることに抵抗感なく取り組めていると思います。またここでは、コース進学後も他コースの講義を受けることができます。バイオマテリアルのことを学びながら鉄鋼材料や電子デバイスのことなどを学ぶことのできる機会は、とても貴重だと思います。
変化の目まぐるしい昨今、様々な分野の知識を持ち、変化に対応し、かつ利用できる人材が求められます。そのような人たちがマテリアル工学科から巣立ち、様々な分野において活躍し、将来一緒に仕事ができる、そんな日が来るのを楽しみにしています。

東 亮太

2013年 マテリアル工学科卒業
2015年 マテリアル工学専攻修士課程修了
同年 アステラス製薬株式会社へ入社
マテリアル工学科では片岡研究室に所属

エコマテリアルコース 卒業生インタビュー

社会基盤を支える「タフ」で「人に優しい」究極の材料を目指して

― ご自身の研究内容について教えてください。

材料の特性や性能は構成する元素だけでなく、その内部の微細構造、つまり組織によって大きく変化します。例えば自動車に使用されている材料は主に鉄鋼材料ですが、非常に強い鋼から加工しやすい鋼まで実に様々な特性を有する鉄鋼材料によって構成されています。同じ鉄鋼材料といってもその組織を変える、すなわち制御することによって非常に幅広い特性を実現できるのです。ナノ・ミクロンオーダーの析出物や結晶粒がどうやって生成するのか?ミクロン・ミリオーダーにおいて特性の異なる材料や相をどう組み合わせるのがよいのか?など様々な要素を考え組み込むことによって優れた材料を創成するための「材料組織制御」について研究しています。

― マテリアルで学んだことはどのように生かされていますか。

マテリアル工学科では鉄鋼材料やポリマー材料など様々な材料について、これらの製造プロセスから実際の使用まで、そして原子・分子から実部材まで、といった非常に幅広い知識を身につけることができます。私の場合は構造物で使用される材料を研究していますので、どのような素材をどういうプロセスで作製すれば優れた特性や性能が発揮できるのか、色々な選択肢の中から検討する際にマテリアル工学科で学んだことが非常に役に立っています。

― 学生へのメッセージをお願いします。

マテリアル工学科に入ってからまた色々な知識を得るための講義や実験などを行うことになりますが、どんどん自分のできるフィールドを広げていって欲しいと思います。特にこれからは日本国内だけで活躍するのではなく、よりグローバルな人材が求められます。その点マテリアル工学科では海外に行くチャンスが多く用意されています。積極的に海外の大学や学会に行って、自分の研究をただ発表するだけでなく、交流や議論を通じて見識を広げ、海外の人たちと戦えるような学生になってくれることを願っています。

南部 将一

2002年 マテリアル工学科 卒業
2004年 マテリアル工学専攻 修士課程修了
2007年 マテリアル工学専攻 博士課程修了
同年 マテリアル工学専攻 産学官連携研究員
2008年 マテリアル工学専攻 助教
2013年 マテリアル工学専攻 講師
マテリアル工学科では榎研究室に所属

ナノマテリアルコース 卒業生インタビュー

幅広い知識と柔軟な対応力こそこれからの時代に求められる

― ご自身の仕事内容についてわかりやすく教えてください。

ナノポアDNAシーケンサという次世代DNAシーケンサ開発を担当しています。既存装置では測定できなかった長い塩基長のDNAが測定できるようになり、これまで見過ごされていた病気とゲノム情報との因果関係を明らかにすることで、生物学・医学の進歩に貢献していければと思っています。

― マテリアル工学科で学んだことはどのように生かされていますか?

最近は半導体技術を活かしたナノテクノロジーとの融合による技術発展が著しく、マテリアル工学科で学んだ基礎学問と、金属から半導体・バイオまでの知見はいまでも活きています。
人生初の研究テーマは高分子を活かしたナノ粒子合成で、当初の期待とは少し違った結果になったのですが、別の観点から見てみると別の特性が発揮されていることに気づき、追加実験と解析を加えることで、最終的に論文にすることができました。この経験から、多面的に物事を捉える事が重要であると、身を持って学ぶ事ができました。

― 学生へのメッセージをお願いします。

マテリアル工学科は、金属から半導体、そして高分子・バイオという幅広い材料に関して、基礎から先端知見まで学ぶ事ができる貴重な場所です。学部時代に既存の枠組みにあまりはまらない、様々な学問に触れていたことから、どのような分野の技術の話が来ても違和感・抵抗感なく議論に参加することができています。
学部から修士課程までの4年間は同期と共に過ごす時期でもあります。自分の専門フィールドだけでなく金属や半導体のフィールドの同期と様々な情報交換ができていたことも、現在の自分を形成する大事な下地になっていたと実感しています。時代が目まぐるしく変遷する今日、多種多様な専門知識を有し、かつ変化に柔軟に対応できる人材が求められます。マテリアル工学科はそのような体験・人材を輩出できる貴重な場所ですので、ぜひ一歩を踏み出して新しい事にチャレンジしてほしいと思います。

後藤祐介

2007年 マテリアル工学科 卒業
2009年 マテリアル工学専攻 修士課程修了
同年 株式会社日立製作所へ入社
マテリアル工学科では石原・高井研究室に所属