卒業生インタビュー

創造への挑戦 Creation for Creation

最先端産業の中枢で活躍する本科卒業生たち。彼らはマテリアル工学科で培った叡智を活かし、それぞれので分野で新しい社会の創造に取り組んでいます。今、その熱い想いを語ってもらいました。

バイオマテリアルコース 卒業生インタビュー

まだない薬を求める患者さんに薬を届けたい。

― ご自身の仕事内容についてわかりやすく教えてください。

経口投与製剤の新薬開発に携わっています。薬が世の中に出るためには臨床試験(治験)を実施し、その薬の安全性や有効性を確認する必要があります。私はその臨床試験に使用する薬(治験薬)の開発を担当しています。薬の有効成分の物性や対象とする適応症などを考慮して適切な剤形(錠剤、カプセル剤、散剤など)およびその処方と製造方法を選択し開発していきます。この段階で開発されたものが最終的には世の中に出る製品につながります。そのため、患者さんが服薬しやすい製剤になっているか、将来長い期間に渡り安定的に生産・供給のできるような処方・製法になっているかを考えながら仕事に取り組んでいます。
責任の重い仕事ですが、まだない薬を求めている患者さんに薬を届けることを夢見て、日々やりがいを感じながら取り組んでいます。

― マテリアル工学科へ進む学生へメッセージをお願いします。

製剤の開発には化学、生物学、物理学など様々な分野の知識が必要とされます。マテリアル工学科では材料という分野をベースに無機化学から有機化学、バイオマテリアルのことから電子デバイスのことまで幅広い知識を身につけることができました。このような経験から、入社後も異分野を融合させて考えることに抵抗感なく取り組めていると思います。またここでは、コース進学後も他コースの講義を受けることができます。バイオマテリアルのことを学びながら鉄鋼材料や電子デバイスのことなどを学ぶことのできる機会は、とても貴重だと思います。
変化の目まぐるしい昨今、様々な分野の知識を持ち、変化に対応し、かつ利用できる人材が求められます。そのような人たちがマテリアル工学科から巣立ち、様々な分野において活躍し、将来一緒に仕事ができる、そんな日が来るのを楽しみにしています。

東 亮太

2013年 マテリアル工学科卒業
2015年 マテリアル工学専攻修士課程修了
同年 アステラス製薬株式会社へ入社
マテリアル工学科では片岡研究室に所属

エコマテリアルコース 卒業生インタビュー

自らの手で社会に役立つモノを創り出してゆきたい

― 鉄鋼メーカーに就職を決めたきっかけは?

産業の基盤は素材であり、中でも鉄鋼材料は、自動車や家電、造船、建築等、非常に幅広い産業を支えている素材です。一方で、例えば現在実用化している鉄の強度は、理論上の半分にも到達しておらず、まだまだ大きなポテンシャルを秘めています。広く世の中を支える鉄鋼材料の可能性を実際の製造現場でどうやって引きだしていくか、そこにやりがいを見出だしたのが入社のきっかけでした。

― マテリアルで学んだことはどのように生かされていますか?

業務上、熱力学や反応速度論、移動現象論などの基礎学問に加え、精錬や凝固・鋳造、材料組織学といったメタラジーをよく使います。私が現場技術者として大切にしているものは「現場・現物」と「原理・原則」の2つ。製造現場で起こる現象を正確に把握し、それを原理・原則に従って正しく理解して課題解決に繋げ、より良いモノをつくり出していく。そのためにはマテリアルで学んだメタラジーが必要不可欠です。今でも分からなくなると当時の講義資料などを読み返しますが、大抵そこに何かしらのヒントが書いてある。実際に現場で実務を経験したことで、「あの時先生が仰っていたのはこれだったのか」と、改めて理解が深まります。

― 進学に悩む学生へ一言お願いします。

マテリアル工学科で学ぶ内容は、どれも社会とダイレクトに繋がっているものばかりです。今学んでいる学問がどのように社会で使われているのか、この研究が上手くいけば世の中がどれだけ良くなるのかを、実際の製造現場も見つつ、出来るだけ具体的にイメージして取り組んでみてください。自らの手で世の中のためになるモノを創り出していく、それこそがモノづくりの醍醐味であり、マテリアル工学科はそれを体感するにはこれ以上ない環境が整っていると思います。

加藤 大樹

2005年 学部卒業
2007年 マテリアル工学専攻 修士課程修了
同年 新日本製鐵株式会社(当時)へ入社
現在は、製鋼工場の現場技術者として、工場の生産性向上や新商品開発等の業務を担当
マテリアル工学科では小関研究室に所属

ナノマテリアルコース 卒業生インタビュー

マテリアル工学科での研究生活が今のエンジニア人生の基礎

― 現在、どのような研究開発に携わっていらっしゃるのでしょうか。

学科では、半導体デバイス・材料研究をテーマにしていた鳥海研究室に所属していました。研究自体の面白さと共に、半導体デバイスの奥の深さ、社会へのインパクトの大きさに魅力を感じ、この分野で仕事をしていこうと思い、現在の会社に就職しました。ここは自動運転システムに代表される半導体チップ開発などに力をいれている半導体メーカーで、私は、マテリアル面から構造設計をして性能の高いデバイスを開発する「デバイス、プロセス開発」に携わっています。
若いうちから「超低電圧デバイス技術研究組合」という産学連携の国家プロジェクトに参加させて頂き、より低い電圧で動作するデバイスを創り出すことで、メンテナンスフリーのセキュリティーシステムを実現するといった、新たなアプリケーションを生み出す最先端の研究に打ち込みました。現在も引き続き、製品展開に向けて日々研究に取り組んでいます。

― マテリアル工学科へ進む学生へメッセージをお願いします。

現在の半導体デバイス開発は、ほぼマテリアル開発といって も過言ではなく、マテリアル工学科で学んできたこと全てが、今に生かされていると感じますね。半導体デバイスに使われるマテリアルはSi, Ge といった半導体からポリマーまで多種多様である上、それぞれの材料のナノ領域での電気特性、熱特性、信頼性、加工特性など、あらゆるマテリアル特性の知識を総動 員する必要があります。
3 年間の研究生活を経験し、あの時研究に没頭できたことは、エンジニアとして働くための基礎を作った、とても大事な時間だったと実感しています。マテリアルには多種多様なテーマがあります。自分に合ったテーマを見つけ、たくさんの学生に、研究者、技術者としての一歩を踏み出していって欲しいと思います。

山本 芳樹

2005年 学部卒業
2007年 修士課程修了
同年 ルネサステクノロジ株式会社(当時)へ入社
マテリアル工学科では鳥海研究室に所属