堤 祐介 准教授

所在地 〒101-0062東京都千代田区神田駿河台2-3-10 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療基盤材料研究部門 金属生体材料学分野
TEL 03-5280-8009
FAX 03-5280-8009
tsutsumi.met[at]tmd.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://www.tmd.ac.jp/i-mde/www/metal/metal-j.html
研究分野 医療用金属材料、生体界面反応、表面改質、腐食電気化学

主要研究内容

高度医療に貢献するために、金属材料工学、表面工学、電気化学を基盤として、体内埋入デバイス基材の生体機能化を目指している。金属材料表面でのタンパク質吸着、血小板粘着、バイオフィルム形成の防止および骨形成、軟組織接着の促進を目的として、生体機能分子、コラーゲン、ペプチドなどを金属表面に安定に固定化し、積層化する基本技術と理論の構築を行っている。
1.電気化学的表面処理による金属の生体機能化
2.MRIアーチファクトを抑制するZr合金の開発
3.金属アレルギーへの対応
4.医療用金属材料の腐食反応の制御とその評価法の確立

主要研究論文

Hastuty S, Tada E, Nishikata A, Tsutsumi Y, Hanawa T. Improvement of pitting corrosion resistance of Type 430 stainless steel by electrochemical treatments in a concentrated nitric acid ISIJ Int.. 2014.01; 54 199-205. Tsutsumi Y, Bartakova S, Prachar P, Suyalatu, Migita S, Doi H, Nomura N, Hanawa T. Long-term corrosion behavior of biocompatible β-type Ti alloy in simulated body fluid. Journal of the Electrochemical Society, 159, C435-C440, 2012. Tsutsumi Y, Niinomi M, Nakai M, Tsutsumi H, Doi H, Nomura N, Hanawa T. Micro-arc oxidation treatment to improve the hard-tissue compatibility of Ti–29Nb–13Ta–4.6Zr alloy. Applied Surface Science, 262, 34-38, 2012.