寺村 裕治 准教授

所在地 113-8656東京都文京区本郷 7-3-1 工学部 5号館 619号室
TEL 03-5841-1174
FAX
teramura[at]bioeng.t.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://www.bioeng.t.u-tokyo.ac.jp/faculty/39_teramura.html
研究分野 再生医学/組織工学、バイオマテリアル工学、細胞表面工学

主要研究内容

医工学は、医療と工学が融合した研究領域です。特に、高分子材料を利用したバイオマテリアルは、実際の医療に貢献しています。我々は、このバイオマテリアルを利用して、革新的な医療を提案して、臨床医と共に、より良い未来医療を作り上げていきたいと考えています。特に、バイオマテリアルを用いた細胞表面工学を利用して、
・幹細胞などを利用した細胞移植
・臓器移植
・脳血管内治療
・3次元組織構築
を身近な医療へ発展させることを目指します。本研究は、スウェーデンのウプサラ大学と共同して、進めています。

主要研究論文

1) Yuji Teramura, Sana Asif, Kristina Nilsson-Ekdahl, Elisabet Gustafson, Bo Nilsson, “Cell Adhesion Induced Using Surface Modification with Cell-Penetrating Peptide-Conjugated Poly(ethylene glycol)-Lipid: A New Cell Glue for 3D Cell-Based Structures”, ACS Appl Mater Interfaces, 11, 244-254 (2017).
2) Sana Asif, Kristina Nilsson-Ekdahl, Karin Fromell, Elisabet Gustafson, Andreea Barbu, Katarina Le Blanc, Bo Nilsson, and Yuji Teramura, “Heparinization of cell surfaces with short peptide-conjugated PEG-lipids regulates thromboinflammation in transplantation of human MSCs and hepatocytes” Acta Biomaterialia, 35, 194-205 (2016).
3) Yuji Teramura, “Cell surface modification with ssDNA–PEG–lipid for analysing intercellular interactions between different cells” Biomaterials, 48, 119-128 (2015).