鄭 雄一 教授

所在地 113-0033文京区本郷7-3-1 医学部1号館2階N210
TEL 03-5841-1427
FAX 03-5841-1428
tei[at]bioeng.t.u-tokyo.ac.jp
tei[at]bmw.t.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://www.tetrapod.t.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 構造用バイオマテリアル、超高強度ハイドロゲル、組織工学/再生医学

主要研究内容

社会の高齢化・少子化に伴い、運動器の不可逆的欠損は社会経済的に大きな問題になっており、組織工学的・再生医学的アプローチに脚光が当たっている。組織工学・再生医学の三本柱の足場素材・細胞・シグナルの中で、足場に細胞を播種して移植するという方法が最も盛んに用いられているが、細胞移植に伴う安全性・侵襲・コストに問題を残している。これに対して、足場素材とシグナルを研究改良して細胞移植が担っていた機能を補完・代替させることが根本的な解決法であると我々は考えている。従って、本プロジェクトでは生体材料を画像情報に基づいて再生誘導に有利な設計を行って三次元造形し、さらに骨・軟骨を誘導する生理活性物質を立体的に制御した位置に配置して、細胞移植なしに骨・軟骨再生を積極的に誘導するインテリジェント型インプラントを創製することを計画している。

主要研究論文

Zujur D, Kanke K, Lichtler AC, Hojo H, Chung U, Ohba S. Three-dimensional system enabling the maintenance and directed differentiation of pluripotent stem cells under defined conditions. Science Advances 3, e1602875,2017.
Hayashi K, Okamoto F (co-first author), Hoshi S, Katashima T, Zujur D, Li X, Shibayama M, Gilbert EP, Chung U, Ohba S, Oshika T, Sakai T. Fast-forming hydrogel with ultralow polymeric content as an artificial vitreous body. Nat Biomed Eng 1:0044,2017.
Honnami M, Choi S, Liu I, Kamimura W, Taguchi T, Ichimura M, Urushisaki Y, Hojo H, Shimohata N, Ohba S, Amaya K, Koyama H, Nishimura R, Chung U, Sasaki N, Mochizuki M. Repair of segmental radial defects in dogs by using tailor-made titanium mesh cages with plates combined with calcium phosphate granules and basic fibroblast growth factor-binding ion complex gel. J Artif Organs 20:91-98,2017.