坂田 利弥 准教授

所在地 113-8656東京都文京区本郷 7-3-1 工学部 3号館 231号室
TEL 03-5841-1842
FAX 03-5841-1842
sakata[at]biofet.t.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/biofet/
研究分野 バイオセンシングデバイス、ポリマー・金属複合マテリアル

主要研究内容

近年、診断・医療、創薬研究において遺伝子解析や細胞機能解析を並列的に高スループットで検出・解析するナノバイオデバイスへの関心が高まっています。本研究室では,半導体およびナノ・マイクロ加工技術に基づくバイオセンシングデバイスを創製するとともに、高感度・高精度・高スループットの生体分子認識および細胞機能解析を実現するバイオ/デバイスインターフェイスの構築、さらにはエレクトロニクス/バイオの融合領域から生体機能をより深く理解することを目指しています。
主な研究テーマは以下の通りです。
(1) 電界効果を基本原理としたバイオセンシングに関する研究
(2) 高スループット薬剤スクリーニングを目指したオーサイトトランジスタの創製
(3) 高機能バイオチップを目指したバイオデバイスインターフェイスの作製

主要研究論文

"Point of Care Diagnostics on a Chip": Springer (edited by Robert M Westervelt and David Issadore), “Chapter 6. Semiconductor-based
biosensing chip for point-of-care diagnosis” T. Sakata, in press (2013).
T. Sakata, I. Makino, H. Sugimoto, “Real-time monitoring of potassium ion
release due to apoptosis with cell-based transparent-gate transistor”, Applied
Physics Express, 5, 017001, 2012.
T. Sakata, I. Makino, S. Kita, “Real-time and noninvasive monitoring of
respiration activity of fertilized ova using semiconductor-based biosensing
devices”, European Biophysics Journal, 40, 699, 2011.
T. Sakata, M. Ihara, I. Makino, and Y. Miyahara and H. Ueda: “Open
sandwich-based immuno-transistor for label-free and highly sensitive
detection of low molecular weight antigen”, Analytical Chemistry, 81 (2009)
7532–7537