小関 敏彦 教授/大学執行役・副学長

所在地 113-8656東京都文京区本郷 7-3-1 工学部 4号館 2階 330号室
TEL 03-5841-7110
FAX 03-5841-7110
koseki[at]material.t.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://metall.t.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 鉄鋼材料、非鉄金属材料、金属基複合材料、接合、金属組織、相変態

主要研究内容

材料プロセスによって材料組織がどのように発現し変化するかを理解して制御につなげることが、次世代の材料を考える上できわめて重要です.本研究室では、材料の組織形成過程と組織形成の支配因子を実験や数値シミュレーション、微細組織の解析から解明するとともに、凝固を含む相変態の制御、複合・複相化、界面組織制御などの観点から新たな材料組織形成のシーズ開発に取り組みます.

主要研究論文

M. Koba, T. Araki, S. Nambu, J. Inoue and T. Koseki, "Bonding Interface
Formation between Mg alloy and Steel by Liquid-phase Bonding using Ag
Interlayer", Metall. Mater. Trans. A, 43A (2012), 592-597
J. Taendl, S. Nambu, J. Inoue, N. Enzinger and T. Koseki, "Friction Stir
Welding of Multilayered Steel", Sci. Technol. Welding Joining, 17 (2012),
245-253
M. Ojima, J. Inoue, S. Nambu, P. Xu, K. Akita, H. Suzuki, and T. Koseki,
“Stress partitioning behavior of multilayered steels during tensile
deformation measured by in situ neutron diffraction”. Scripta Materialia, 66
(2012), 139-142