松永 哲也 講師

所在地 113-8656東京都文京区本郷 7-3-1 工学部 4号館308号室
TEL 04-7136-3815
FAX
matsunaga[at]edu.k.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室
研究分野 高温強度、クリープ、変形機構、軽金属

主要研究内容

例えば、航空機エンジンやインプラント材に使われる金属材料において破損、破折が生じると人命や生活に大きな支障をきたすことになります。これらは数ヶ月、年単位で使用されることが想定されるため、長期間の健全性を担保する必要があります。そこで固溶体強化、析出強化等を活用し、金属の力学特性を高め、我々の生活の安全を守ることが重要になります。具体的な研究テーマは以下の通りです。

(1)金属の高温変形・クリープ、変形機構の解明
(2)金属材料中の転位運動に対する固溶強化元素の影響解明
(3)迅速な材料信頼性評価法の開発

主要研究論文

T. Matsunaga, H. Hongo, M. Tabuchi, M. Souissi, R. Sahara, C. Whitt, Z. Wei, M. J. Mills, “Creep lifetime and microstructure evolution in boron-added 9Cr-1Mo heat-resistant steel”, Mater. Sci. Eng. A, 760 (2019) 267-276.
M. Souissi, M. H. F. Sluiter, T. Matsunaga, M. Tabuchi, M. J. Mills, R. Sahara, “Direct observation and modeling of growth-induced stacking fault in chromium-rich γ-M23C6 carbides”, Scripta Mater., 178 (2019) 290-294.
H. Masuyama, K. Shimagami, Y. Toda, T. Matsunaga, T. Ito, M. Shimojyo, Y. Yamabe-Mitarai, “Microstructure evolution and creep behavior of near-α Ti alloy using thermomechanical processing”, Mater. Trans., 60, (2019) 2336-2345.