溝口 照康 准教授

所在地 153-8505東京都目黒区駒場4-6-1 東京大学生産技術研究所 Fe-310, 312
TEL 03-5452-6320
FAX 03-5452-6319
teru[at]iis.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://www.edge.iis.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 物質設計,第一原理計算,マテリアルズインフォマティクス,原子分解能計測,構造機能相関

主要研究内容

 物質設計を実現することが出来れば物質開発を飛躍的に加速させることができます.そのような物質設計を実現するためには,機能発現を担っている局所領域の原子を直視してその電子状態を計算し,さらに得られた結果から機能発現のメカニズムや法則を解明する必要があります.
本研究室では第一原理計算,機械学習,STEM-EELSを駆使して『物質設計の実現』を目指して研究を行っています.具体的な研究テーマは以下の通りです.
1) マテリアルズインフォマティクスを活用した格子欠陥の構造解析と機能設計
2) ガラス・液体・気体・ソフトマテリアルの原子分解能解析
3) 第一原理計算と原子分解能計測によるエネルギー関連材料の構造機能相関の理解

主要研究論文

1) T. Miyata, F. Uesugi, T. Mizoguchi, "Real-space analysis of diffusion behavior and activation energy of individual monatomic ions in a liquid", Science Adv., 3 (2017) e1701546-1-5.
2) S. Kiyohara, H. Oda, T. Miyata, and T. Mizoguchi, "Prediction of interface structures and energies via virtual screening", Science Adv., 2 (2016), e1600746-1-7.
3) Y. Matsui, Y. Matsui, K. Seki, H. Hibara, T. Mizoguchi, "An estimation of molecular dynamic behaviour in a liquid using core-loss spectroscopy", Scientific Rep., 3 (2013) 3503-1-7.
4) T. Mizoguchi, S. D. Findlay, A. Masuno, Y. Saito, K. Yamaguchi, H. Inoue, and Y. Ikuhara, "Atomic Scale Identification of Individual Lanthanide Dopants in Optical Glass Fiber", ACS Nano, 7 (2013) 5058-5063.