星野 岳穂 特任教授

所在地 113-8656東京都文京区本郷7-3-1 工学部 4号館 332号室
TEL 03-5841-7151
FAX 03-5802-6502
hoshino[at]mfa.t.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://www.sdm.t.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 材料資源循環、ライフサイクル環境負荷分析、持続可能性工学、素材・資源エネルギー産業政策

主要研究内容

経済社会で大量に使用される各種の基盤材料は、世界全体での使用量が拡大の一途を辿っており、その持続可能性の確保が国際的な課題となっています。このため、基盤材料を時間的・空間的な視点で捉え、生産から利用・使用後のリサイクル・廃棄に至るライフサイクル全体での資源効率性や環境負荷を、客観的な評価指標で定量分析する手法を開発し、持続可能性の観点からの材料利用の最適解を得ることを目的とした研究を行います。基盤材料の強度・寿命等の特性向上が持続性に与える影響評価、基盤材料及びリサイクルで不可避的に混入する不純物元素の動的マテリアル・フロー分析と将来予測等の研究結果を基に、国際的な資源循環ネットワークを含む材料マネジメントの最適な姿を抽出し、その実現のための政府及び産業界に対する政策提言を目指します。

主要研究論文

T.Hoshino, Y.Matsuno, Y.Adachi: “Analysis of the power consumption of IT equipments in information societies”, Development Engineering, 17(2011) 79-92
T.Hoshino, Y.Matsuno, Y.Adachi: “Estimate and Forecast of Worldwide Internet Users and Installed Base Personal Computers”, Development Engineering, 18(2012) 71-82
T.Hoshino: ”Technological Challenges for Decommissioning and Contaminated Water Management of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant”, Development Engineering, 24(2018) 55-75