一木 隆範 教授

所在地 113-8656東京都文京区本郷 7-3-1 工学部 4号館 436号室
TEL 03-5841-1180
FAX 03-5841-1180
ichiki[at]bionano.t.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://bionano.t.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 ナノバイオデバイス、プラズマプロセス、μTAS、ナノ・マイクロ加工技術

主要研究内容

高精細ナノ・マイクロファブリケーション技術と顕微イメージング技術を駆使した高機能バイオデバイス開発を通じて、新たなナノバイオ分析、ナノバイオ合成システムの創成とその実用化を目指しています。 主要な研究開発プロジェクトは、
1)早期がん検出を目指した体液中miRNAを自動精製/分析するナノ診断デバイス
2)メガ・ギガ集積化DNA/プロテインマイクロアレイチップ技術を基盤とする有用生体分子高速進化システム

主要研究論文

T. Rahman and T. Ichiki, “Fabrication and characterization of a stabilized thin film Ag/AgCl reference electrode modified with self-assembled monolayer of alkane thiol chains for rapid biosensing applications”, Sensors, 17 (2017) 2326.
M. Kojima, H. Takehara, T. Akagi, H. Shiono, and T. Ichiki: “Flexible sheet-type sensor devices for noninvasive measurement of cellular oxygen metabolism on a culture dish”, PLOS ONE, 10 (2015) e0143774.
T. Akagi, K. Kato, M. Kobayashi, N. Kosaka, T. Ochiya, and T. Ichiki: “On-chip immunoelectrohoresis of extracellular vesicles released from human breast cancer cells”, PLOS ONE, 10 (2015) e0123603.