渡邊 誠 准教授

所在地 305-0041茨城県つくば市千現 1-2-1 国立研究開発法人 物質・材料研究機構 構造材料研究拠点 積層スマート材料グループ
TEL 029-859-2469
FAX 029-859-2401
WATANABE.Makoto[at]nims.go.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室
研究分野 マテリアルズインテグレーション、破壊力学、界面破壊、積層造形、コーティング、非破壊評価、機械学習

主要研究内容

マテリアルズインテグレーション(Materials Integration)は、計算機の上で、材料組成やプロセス条件から、材料の組織、力学特性を予測し、さらに実環境下での性能を予測する技術です。我々は、三次元積層造形法や溶射法など、粒子積層プロセスを用いた耐熱材料をターゲットとして、破壊力学、材料強度学に基づいて、その破壊メカニズムを解明し、長期的な性能をコンピュータで予測するための技術開発を目指しています。

1) 粒子積層プロセスによるTi基合金の組織と力学特性評価
2) 機械学習による材料組織や性能予測技術の開発
3) 数値解析による粒子積層プロセスシミュレーション

主要研究論文

1) X.C. Chen, S. Kuroda,T. Ohnuki, H. Araki, M. Watanabe, Y. Sakka, “Effects of Processing Parameters on the Deposition of Yttria Partially Stabilized Zirconia Coating during Suspension Plasma Spray”, Journal of The American Ceramic Society, 99, p. 3546–3555, (2016).
2)H. Hatano, M. Watanabe, K. Kitamura, M. Naito, H. Yamawaki, R. Slater, “Mid IR pulsed light source for laser ultrasonic testing of carbon-fiber-reinforced plastic / Mid IR pulsed light source for laser ultrasonic testing of carbon-fiber-reinforced plastic”, Journal of Optics A, 17, p. 094011-1 – 094011-8, (2015).
3) M. Watanabe, C. Brauns, M. Komatsu, S. Kuroda, F. Gaertner, T. Klassen, “Effect of Nitrogen Flow Rate on Microstructures and Mechanical Properties of Metallic Coatings by Warm Spray Deposition”, Surface and Coatings Technology, 232, p. 587-599, (2013).