高井 まどか 教授

所在地 113-8656東京都文京区本郷 7-3-1 工学部 5号館 6階 607号室
TEL 03-5841-7125
FAX 03-5841-0621
takai[at]bis.t.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/takai/index.html
研究分野 バイオ界面工学、バイオマテリアル 、バイオ分析化学、バイオデバイス

主要研究内容

人工臓器やバイオセンサー、再生医療工学などの先端医療デバイスに必要とされる新しい機能は、マテリアルと生体分子と水とがなす界面(バイオインターフェース)から発現する。そこで、この機能性発現のメカニズムを分子レベルで探求・解明し、高機能バイオマテリアルを創製する。さらに、バイオマテリアルの設計に、生体分子、細胞などの生体系から発想したマテリアル設計「バイオインスパイアードマテリアル」という概念をとりいれ、先端医療デバイスの開発を目指している。
1)細胞膜から啓発されたバイオインターフェースの精密創製とバイオデバイスへの応用
2)高分子マイクロファイバーを用いたイムノアッセイ、細胞分離デバイスの開発
3) ブロックコポリマーとハイドロゲルを用いた細胞ー材料間相互作用の解析

主要研究論文

A. Yoshihara, R. Sekine, T. Ueki, Y. Kondo, Y. Suanga, T. N.-Hirabayashi, Y. Teramura and M. Takai, Rapid and highly efficient capture and release of cancer cells using polymeric microfibers immobilized with enzyme-cleavable peptides, Acta Biomater., 67, 32-41, (2018).
K. Kushiro, T. Yaginuma, A. Ryo and M. Takai, Differences in Three-Dimensional Geometric Recognition by Non- Cancerous and Cancerous Epithelial Cells on Microgroove-Based Topography, Sci Rep, 7, (2017)
T. Azuma, Y. Teramura, and M. Takai, Cellular Response to Non-contacting Nanoscale Sublayer: Cells Sense Several Nanometer Mechanical Property, ACS Appl. Mater. Interfaces, 8, 10710-10716, (2016).