宮田 完二郎 准教授

所在地 113-8656東京都文京区本郷 7-3-1 工学部 4号館 428号室
TEL 03-5841-0862
FAX
miyata[at]bmw.t.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://www.bmm.t.u-tokyo.ac.jp/index.html
研究分野 生体機能材料、高分子集合体、ドラッグデリバリーシステム、核酸医薬

主要研究内容

本研究室では,マテリアル工学に基づいて新しい医療用ナノマシン・システムの設計を行っています。具体的には,高分子材料や無機ナノ材料の精密構造設計を通じて,がんや特定の疾患部位に薬剤を選択的に送達するドラッグ・核酸医薬デリバリーシステムを創出します。

主な研究課題
(1) 難治がんを標的化するナノマシンの開発
(2) 再生医療に向けたナノマシン・システムの創製
(3) 核酸治療を実現するための新規材料設計
(4) 核酸をビルディングブロックとする新規ナノ構造体の構築

主要研究論文

1) K. Hayashi, H. Chaya, S. Fukushima, S. Watanabe, H. Takemoto, K. Osada, N. Nishiyama, K. Miyata, K. Kataoka, Influence of RNA strand rigidity on polyion complex formation with block catiomers. Macromol. Rapid Commun. 37, 486-493 (2016).
2) T. Ishii, K. Miyata, Y. Anraku, M. Naito, Y. Yi, T. Jinbo, S. Takae, Y. Fukusato, M. Hori, K. Osada, K. Kataoka, Enhanced target recognition of nanoparticles by cocktail PEGylation with chains of varying lengths. Chem. Commun. 52, 1517-1519 (2016).
3) H. -J. Kim, H. Takemoto, Y. Yi, M. Zheng, Y. Maeda, H. Chaya, K. Hayashi, P. Mi, F. Pittella, R. J. Christie, K. Toh, Y. Matsumoto, N. Nishiyama, K. Miyata, K. Kataoka, Precise engineering of siRNA delivery vehicles to tumors using polyion complexes and gold nanoparticles. ACS Nano 8, 8979-8991 (2014).
4) H. Takemoto, K. Miyata, S. Hattori, T. Ishii, T. Suma, S. Uchida, N. Nishiyama, K. Kataoka, Acidic pH-responsive siRNA conjugate for reversible carrier stability and accelerated endosomal escape with reduced IFNα-associated immune response. Angew. Chem. Int. Ed. 52, 6218-6221 (2013).