大沼 郁雄 教授

所在地 305-0047茨城県つくば市千現 1-2-1 国立研究開発法人 物質・材料研究機構 構造材料研究拠点 計算構造材料設計グループ
TEL 029-859-2834
FAX 029-859-2588
OHNUMA.Ikuo[at]nims.go.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室
研究分野 実験状態図,CALPHAD,合金設計,組織制御,構造材料,鉄鋼材料

主要研究内容

状態図(相図)は材料の合金設計を行うための地図の役割を担っており,近年は計算状態図(CALPHAD:Calculation of Phase Diagrams)が,「熱力学」や「速度論」と材料の諸特性を左右する「相平衡」や「組織形成」を橋渡しし,材料開発に広く利用されています.我々は計算科学技術を活用して,材料に現れる特異な相平衡や組織形成のメカニズムを解き明かし,実用材料の成分設計,組織制御および合金開発を目指しています.
1) 各種合金系の相平衡実験と熱力学データベースの構築
2) Mg基合金における LPSO構造形成機構の熱力学解析
3) Phase-Field法と計算熱力学連成による組織予測システムの開発

主要研究論文

1) K. Han, I. Ohnuma and R.Kainuma, “Experimental determination of phase equilibria of Al-rich portion in the Al-Fe binary system”, J. Alloys Compd., 668 (2016), pp.97-106.
2) K. Shinagawa, H. Chinen, T. Omori, K. Oikawa, I. Ohnuma, K. Ishida and R. Kainuma, “Phase equilibria and thermodynamic calculation of the Co-Ta binary system.”, Intermetallics, vol.49 (2014), pp. 87-97.
3) I. Ohnuma, S. Abe, S. Shimenouchi, T. Omori, R. Kainuma and K. Ishida, “Experimental and Thermodynamic Studies of the Fe-Si Binary System.”, ISIJ International, vol.52 no.4, (2012), pp.540-548.
4) B. Sundman, I. Ohnuma, N. Dupin, U.R. Kattner and S.G. Fries, “An assessment of the entire Al-Fe system including D03 ordering.”, Acta Mater., vol.57 no.10, (2009), pp.2896-2908.
5) J. Sato, T. Omori, K. Oikawa, I. Ohnuma, R. Kainuma and K. Ishida “Cobalt-Base High Temperature Alloys”, Science, vol.312, (2006), 90-91.