醍醐 市朗 准教授

所在地 113-8656東京都文京区本郷 7-3-1 工学部 4号館 347号室
TEL 03-5841-8652
FAX 03-5841-8651
daigo[at]material.t.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://www.sdm.t.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 産業エコロジー、マテリアルフロー分析、物質ストック勘定、資源循環

主要研究内容

持続可能な資源利用のためには、資源の採掘から生産、使用、リサイクル、廃棄に至るマテリアルライフサイクルを通した最適化が望まれる。本研究室では、その最適化のための評価・分析手法の開発を行い、循環型社会の形成に向けた研究をおこなっている。現在の具体的な研究テーマは以下の通りである.
a) 基盤材料のストック・フロー分析とリサイクル性評価
b) 基盤材料のマテリアルライフサイクルを通したLCA手法の開発
c) 資源の持続可能性指標の開発

主要研究論文

I. Daigo, K. Iwata, I. Ohkata, Y. Goto: “Macroscopic Evidence for the Hibernating Behavior of Materials Stock. Environ. Sci. Technol. 49, 8691 – 8696 (2015)
I. Daigo, L. Fujimura, H. Hayashi, E. Yamasue, S. Ohta, T.-D. Huy, Y. Goto: “Quantifying the total amounts of tramp elements associated with carbon steel production in Japan. ISIJ Int., 57, 388 - 393 (2017)
B. Sprecher, I. Daigo, W. Spekkink, M. Vos, R. Kleijn, S. Murakami, G.J. Kramer: “Novel indicators for the quantification of resilience in critical material supply chains, with a 2010 rare earth crisis case study. Environ. Sci. Technol., 51, 3860 – 3870 (2017)