井上 博之 教授

所在地 153-8505東京都 目黒区 駒場 4-6-1 東京大学生産技術研究所 Fe307-309
TEL 03-5452-6315
FAX 03-5452-6316
inoue[at]iis.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://www.vitreous.iis.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 ガラスの構造解析、希土類イオン、分子動力学法

主要研究内容

主に非晶質の物質・材料を対象にその物性と構造との関係の研究を行っている。
1) ガラス構造と計算機シミュレーション:現在においてもガラス構造の記述は、現在でも困難な問題である。我々は分子動力学法を用い、用いるポテンシャルいよる結晶構造やガラスの安定性について研究を行っている。
2) ガラス希土類イオンの光物性:希土類イオンを添加したガラスは、波長変換や光増幅など特性が知られている。我々はこの特性とガラスの構造との関係を解析し、様々な用途へ向けての最適化の検討を行っている。

主要研究論文

I. Oliva, A. Masuno, H. Inoue, H. Tawarayama and H. Kawazoe: “Mixed
Conduction in Alkali Niobium Tungsten Phosphate Glasses", Solid State
Ionics, 206 (2012) 45
H. Inoue, A. Masuno and Y. Watanabe: “Modeling of the structure of
Sodium Borosilicate Glasses Using Pair Potentials", J. Phys. Chem. B, 116
(2012) 12325
A. Masuno, Y. Watanabe, H. Inoue, Y. Arai, J. Yu, and M. Kaneko:
“Glass-Forming Region and High Refractive Index of TiO2-Based Glasses
Prepared by Containerless Processing”, Physica Status Solidi (c), 9 (2012)
2424