後藤 芳一 教授

所在地 113-8656東京都文京区本郷 7-3-1 工学部4号館 332号室
TEL 03-5841-7151
FAX 03-5802-6502
goto[at]material.t.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://www.sdm.t.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 マテリアルフロー分析、環境マテリアル技術、材料技術の戦略的なマネジメント、産業政策の立案

主要研究内容

材料技術と産業を通じて、あるべき経済社会の姿を構築する。
具体的には、各種の社会経済の発展段階における材料の需給システムに関する分析、材料の持続的な利用に関する評価指標の構築、材料供給産業の戦略的なマネジメントのあり方を研究する。
材料の需要に関わる特徴を織りこむために、研究の範囲は材料技術のみならず、産業、経済、社会、環境等に広がる。
こうした研究を通じて、産業界に対しては、効果的な研究開発戦略の立案、政府の産業政策に対しては、ストック型社会における有効な政策の立案に寄与することをめざす。

主要研究論文

Y. Goto: “Project & Program Management for Enterprise Innovation(P2M) A New Paradigm of Project Management”, Global Project Management
Forum #12, June(2002)
Y. Goto: “METI's policies on stimulating sensing activities/industries for use
in operation & maintennance of social infras & plants”, NSF, NIH, NASA,
DOD, DOE et. al “National Workshop on Future Sensing Systems”, Aug.
(2002)
Y. Goto: “Socio Econ’s Challenges and Possible Solutions -Focusing on the
Roles of the Japanese Industries-”, Center for Strategic and International
Studies(CSIS)/Japan Economic Foundation Conference, A Bilateral Dialogue
“What is Next for the U.S. and Japanese Economies?”, Jan.(2010) Y. Goto,
and Y. Hoshikawa: “Philosophy of kyoyohin”, Iwanami Shoten, publishers,
(2011) 119-199