秋元 文 講師

所在地 113-8656東京都文京区本郷 7-3-1 工学部 4号館 429号室
TEL 03-5841-8844
FAX 03-5841-8844
akimoto[at]cross.t.u-tokyo.ac.jp

メールで連絡下さる際には、上記メールアドレス中の" [at] "を"@"に替えて下さい。

研究室 http://cross.t.u-tokyo.ac.jp
研究分野 ハイドロゲル表面科学、高分子表面設計、バイオマテリアル、材料-細胞間相互作用、再生医療、発生生物学

主要研究内容

ハイドロゲルは、再生医療実現のための細胞運命操作材料として注目されている。ハイドロゲルと細胞との相互作用を制御する際に重要なのは、それらの界面の定量的理解である。そこで、私たちは現在、数〜数十nmのハイドロゲル表面領域、すなわちゲル相と水相の界面を研究対象とし、"ハイドロゲルの表面を知る・作る・使う"研究を行っている。研究の特徴は、高分子物理、合成化学から発生生物学・再生医療に至るまでの超異分野融合的アプローチである。これらの研究から得られた知見を結集して、新たな"ハイドロゲルの表面科学" 領域の開拓と次世代医療への貢献に挑戦する。

主要研究論文

K. Matsukawa, T. Masuda, Y. Kim, A. M. Akimoto*, and R. Yoshida*: “Thermoresponsive surface-grafted gels: Controlling the "bulk" volume change properties by "surface" localized polymer grafting with various densities”, Langmuir, 33 (2017) 13828-13833.
E. Hasuike, A. M. Akimoto* (co-first), R. Kuroda*, K. Matsukawa, Y. Hiruta, H. Kanazawa, and R. Yoshida*: “Reversible conformational changes in parallel type G-quadruplex structure inside a thermoresponsive hydrogel, Chem. Commun.”, 53 (2017) 3142-3144.
R. Tamate, K. Takahashi, T. Ueki, A. M. Akimoto*, and R. Yoshida*: “Self-assembly of thermo-responsive hydrogels via molecular recognition toward a spatially organized coculture system”, Biomacromolecules, 18 (2017) 281-287.
K. Matsukawa, T. Masuda, A. M. Akimoto*, and R. Yoshida*: “A surface-grafted thermoresponsive hydrogel in which the surface structure dominates the bulk properties,” Chem. Commun., 52 (2016) 11064-11067.